ちよみん公園

どーもす!ちよみんです! (どーもすはどーもと同意味です。)

自分に、他人にゆるくあり続けたい。

どーもす!ちよみんです!

 

 

8/31〜9/5の5泊6日で九州巡りをしてきました!!

f:id:holmes0126:20170915154050j:image

熊本県がアニメ「夏目友人帳」 の聖地で、せっかくだから九州全土まわりたいね!ってことで行ってきました!題して

 

〜にゃんこの旅〜

8/31〜9/5

f:id:holmes0126:20170915155100j:image

九州が、熊本が、だぁーーーいすきになりました!当初は九州全土をまわるつもりでしたが、時間が足りなくて実際は熊本と長崎、福岡、それと九州じゃないけれど山口県が主に滞在したところですね。青春18切符を使って移動していました!

初めてこんなに長く旅行に出て、初めて1車両だけの電車に乗ったり、初めて浴衣を着たり、初めて駅弁を買って食べたり、他にも初めて長崎カステラ(福砂屋)を食べたり!そもそも、お祭りでしかカステラと言ってもベビーカステラしか食べたことがなくって本物(?)、長方形のカステラは下に紙がくっついていてそれを知らずに1口目は紙と一緒に食べました。だけど、とってもおいしかったですー!!

 

 

 

 はじめてのことばかりで毎日が最高でした!

でも、この旅で一番の驚きと感動人の温もりに何度もふれました。(詳しくどんな所に行って、何をして楽しんだかは次の更新までお楽しみにさせてくださいませ。)

 

 

 1、

とあるバス停にてバスがくるまでに少し時間があったので周辺をうろうろしていたらバス停の向かい側にカフェがあったのでそこに入ってみた。店は夫婦で経営しているみたいで、お母さんの方は主に接客していて、時々ホールにちょこちょこっと顔を出すお父さんがなんとも可愛い。2人とも笑顔が素敵で気さくに声をかけてきては、そよ風のようにとても優しく歓迎してくれた。ジュースを頼んだ後に(コーヒー飲めない笑)おいしいからって梨を一個まるまる切ってくれたし、昨日まで台湾旅行したのと無邪気な笑顔でお土産のクッキーをもらい、水筒に水が少ないからって水入れてくれたし、水筒が水で冷えて水滴ができたからって新品の小さなタオルをもらい、最後にまさか、ジュース代を半額にしてくれた。他にもある。

 

 

2、

鍾乳洞へ行く途中に乗ったバスの運転手さんがまた面白くて優しくて、目的地までお話相手をしてくれたり、運賃を払う時に料金が半額以下になっていてあれっと運転手さんの方を見ると「秘密だよ」って優しい顔してイケメンかよ。

 f:id:holmes0126:20170915175015j:image

 

3、

また長崎駅に着いた時、ふと目に入ったポスターに長崎美術館でジブリ展が明日(その日から)までやってると書かれていてこりゃー行かにゃいけん!と思い、次の日に行ってきました!自転車をかりて長崎美術館の外観を撮って、さぁ、ジブリ展へいざ参ろう!って時にすれ違った親子に話しかけられて「あるもの」を渡された。それは…

ジブリ展の入場券だった!泣いてもいいですか。1300円もするチケットなのに。「今日までやってるから、見に行っておいで」と優しい笑顔で言ってくれた。もう、とってもビックリしました。すれ違っただけの、袖さえ触れ合ってもいない見ず知らずの私に、こんな私にチケットを渡してくれました。

 f:id:holmes0126:20170915175208j:image

こんなにも優しくされていいのかな。

こんなにも幸せでいていいのかな。

こんな私にはもったいなすぎるくらいたくさんの優しさに触れた6日間でした。

 おそらく2度と会うことのないわたしたちに優しさを、幸せを分けてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪に帰ってきて、家の最寄り駅でお若い旅行者らしき2人が「電車が3分ごとにくるってすごいわ」とはしゃいでいるのを見て、旅行者、旅人は大阪の地元民の1人として新鮮で優しくしてあげたくなった。

 

 

 

 

自分に、他人にゆるくあり続けたい

f:id:holmes0126:20170915180137j:image

とても辛い経験を乗り越えて、また辛い時が今あるとする。今、辛いことは前に乗り越えた時のつらさに比べたら全然マシだと、我慢していないか。前に経験した辛さは今の辛さを耐えるためのものなのか、我慢するための経験だったのか。それは違うと思うんだ。自分に嘘をつかないでね、自分と向きあい続けて、自分に素直でいてあげてね、自分に優しくいてね、自分を楽しませてあげてね、と伝えたい。大人になるにつれて我慢する方法を少し知ったけれど、自分にウソをつくことはないんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

お後がよろしいようで。